腸内環境を整える秘訣【乳酸菌で体内スッキリリフレッシュ】

運動する人

お腹は健康の第一歩

栄養剤

便秘だけでなく頭痛なども

腸内環境が悪化する場合、それは腸内に生息する細菌のバランスが偏っていることが原因です。腸の中には腸内フローラと呼ばれる細菌群があり、毎日微妙にその中のバランスが変化しているのです。これによって腸内環境は日々よくなったり悪くなったりを繰り返しています。腸内細菌には善玉菌と悪玉菌とがいるので、悪玉菌の方が多くなれば腸内環境の状態が優れなくなります。すると便の排出がスムーズにできずに便秘になります。便そのものをつくる機能が衰える場合もあります。さらに、腸内で異常な発酵が起こり、ガスが発生してお腹が張ることもあります。こうなるとお腹の不調だけでなく頭痛や頭重感、のぼせなどにも悩まされることになるので腸内環境の状態には常に注意しておくことが大切です。

乳酸菌やオリゴ糖を補給

腸内環境をよくするためには善玉菌の活動を活発にしたり、善玉菌そのものが増加できるようにすることが必要です。善玉菌を増やすにはビフィズス菌や各種の乳酸菌をヨーグルトや乳酸飲料、そしてサプリメントなどから補充すると効果的です。また、善玉菌であるビフィズス菌が生息するためにはオリゴ糖が必要なので、サプリメントでオリゴ糖を摂ったり、コーヒーや料理などにも砂糖の代わりにオリゴ糖を使うようにするとその結果腸内環境におけるビフィズス菌の数を増やすことができます。乳酸菌には現在数多くの種類があることが確認されているので、サプリメントなどを利用するときはどんな乳酸菌が自分に向いていそうか調べてみるのもよいでしょう。